About Us /

株式会社ライフビジネスウェザーについて

代表からのごあいさつ

石川 勝敏

  いまから20年ほど前に気象情報を事業にしている会社と出会いました。その当時の気象情報はほとんどが防災のための情報と云ってもよいほど、防災情報そのものでした。 いまでも気象庁が発表する気象情報は、防災情報の性格を色濃くもっています。小売業出身の私は、すぐにこの気象情報は流通業に役立つ情報であると気付きました。

 そこで、一年の営業状況を株主に報告する「有価証券報告書」の「業績等の概要」をたくさん集めて読んでみました。驚いたことに、上場企業の3社に1社が「今年の夏が猛暑であったため」「梅雨が長く雨の日が例年に比べ多かったため」「暖冬で冬らしい寒さの日が少なかったため」等々、天気を言い訳にしたことばが余りにも多いのに驚きました。天気はそれほど業績に影響を与えるものであると気付かされた思いでした。「天気のせい」にしておけば、業績も「仕方ない」と、何となくあきらめのような感覚が芽生えるのは不思議です。株主も天気のせいなら仕方がないと思ってくれるのでしょうか。

 手始めに、お店のPOSデータと気象データとの相関解析をして見ました。そうすると、面白い解析結果が次々と見つかり、その驚きが楽しさになり毎日わくわくしながら解析をしていました。この結果をある大手のコンビニに持ち込んだところ、大変喜んで下さりそのコンビニさんの商品企画力が格段に良くなり、業績が飛躍的に向上し、私はそのコンビニさんの業績発表の記者会見に同席させられたことがありました。

 その当時、何故気温が26℃になるとアイスクリームが前日に比べ30%も売れ数が増えることが不思議で、その理由を探るためいろいろな分野の情報を集めていたところ、「生気象学」に出会いました。日本生気象学会があり600人をも超える医学、栄養学、人間工学、建築学、農学や畜産学、衣服学等など多方面の方々が参加され、環境変化に起因する様々な立場から人間活動に関する問題を検討されている学会でした。私はこの学会に加入し論文を次からつぎへと読みあさって行きました。

 生気象学は「大気の物理的、科学的環境条件の生体に及ぼす直接、間接の影響を研究する学問」と定義しています。私は気象情報はこの人間の環境変化に起因する様々な事象を情報として提供し社会に役立てたいと強く思いました。

 この生気象を自分のライフワークにしようと考え会社を立ち上げました。

 そして会社名をLife WeatherとBusiness Weather「Life & Business Weather」株式会社ライフビジネスウェザーとして今日も人々の健康に役立つ「生活気象情報」、経済活動に役立つ「産業気象情報」など、様々な気象情報を提供し革新を続けて行こうと思っております。

代表取締役
石川勝敏